南北朝と吉野山

御霊殿

御霊殿

第九十六代後醍醐天皇は、北条幕府を滅し当時の国是なる新政を行わんとされた。 たまたま、大覚寺・持明院両統十年迭立より端を発し、立太子事件が起った後、護 良親王は比叡山天台座主の位を弟尊澄親王に譲り、御自身は大塔に下り、軍書を読 み武術に精進された。ここに後醍醐天皇の北条氏討滅の計画を知った高時は、二階 堂貞藤をして京都にのぼらしめた。天皇は女官に姿を変えて奈良の東南院にお入り になり、更に和束(京都府)の金台寺から、笠置山(京都府)に御入りになった。 時に元弘元年(1331)8月27日で、北条氏との紛争ようやく表面に現れてきた。 楠木正成は笠置に召されて後、赤坂(大阪府)に城を築き、天皇を御迎えせんとし たが失敗に終わった。天皇は藤原藤房・季房と共に笠置より赤坂に向かわんとして 山中に迷い、その時の御歌に
     さして行く笠置の山を出でしより天が下にはかくれ家もなし
と、藤房の返歌に
     いかにせんたのむかげとて立ち寄ればなほ袖ぬらす松の下露
とある。のち、捕らわれて、宇治より御所に帰られ、翌年天皇は隠岐(島根県)へ、 尊良親王は土佐(高知県)へ、尊澄親王は讃岐(香川県)に移され給うた。
 しかしこの間、護良親王は大和国十津川に兵を挙げ、伊勢を攻め、ついで吉野山 に城を築かれた(一方楠木正成は金剛山に千早城を築く)。吉野の戦は元弘2年 (1332)正月16日より始まったが、不幸にして敗れ、村上義光・義隆は戦死。こ の父子の防戦の中に親王は高野山にのがれられた。
 しかし、正成の千早城はよく智彗の戦をなし、包囲軍をして金剛山下に持久戦に 入らしめた。かかる間に新田義貞は鎌倉を攻め、天皇は名和長年に迎えられて隠岐 より還幸、元弘2年5月になって国乱静まり、翌年3月建武と改元せられた。  しかしながら、論功行賞に失敗して、訴訟沙汰頻繁に起った間、護良親王と足利 尊氏との間に険雲現われ、ついに鎌倉に親王暗殺されるや、事態は悪化の一路をた どり、京都は再び戦場と化した。しかし、楠木正成・新田義貞・名和長年の計略成 功し、尊氏は九州に走った。しかし、この時三宝院賢俊の労により、光厳院(持命 院系)の院宣を尊氏に贈ることあり、ここに持明院を立てんとする尊氏は九州太宰 府に入って上洛の用意を整えた。延元元年(北朝建武3年-1336)4月3日、尊氏 十万の兵を整えて東上、新田義貞・楠木正成これをうけて湊川(神戸市)に戦い、 5月25日正成戦死、次いで6月晦日、名和長年もまた戦死し、尊氏は上洛に成功 した。ここに、豊仁親王を中心とする京都の朝廷と、後醍醐天皇を中心とする吉野 の朝廷と皇室に二派が生じ、吉野を南朝、京都を北朝と呼ぶに至った。

南朝(吉野朝)と塔尾陵

尊氏が京都に入洛すると、花山院を出られた後醍醐天皇は、延元元年12月21 日、宗信法印に迎えられて、吉野の吉水院に入らせられた。
  花に寝てよしやよしのの吉水のまくらのもとに石はしる音
 これは当時の天皇の御歌である。やがて今の蔵王堂のうしろに皇居を造り、天皇 を移し奉ったが、天皇は吉野の皇居に住居しつつも、京都に還幸する事を、平和の 日の一日も早く復さん事を念じられた。
  臥しわびぬ霜深き夜の床はあれて袖に烈しき山おろしの風
  みよしのの山の山守事問はむいまいくかありて花は咲かなむ
  ここにても雲井の桜さきにけりただかりそめの宿を思へと
  都だにさみしかりしを雲晴れぬ吉野の奥の五月雨の空
と歌われている。かくて日を送ること三年、延元4年(1339)8月9日御布例にわ たらせ給い
  露の身は草の枕に置きながら風にはよもとたのむはかなさ
と御覚悟あったようで、8月15日御位を後村上天皇にお譲りになり、翌16日十 六夜の月出ずると共に、右の御手に剣を、左の御手に経巻を握らせ給い、尊氏がい る京都北の空(吉野より京都は北に当たる。)をにらみつけたまま崩御された。そ のときの綸言に
  「唯生々世々の妄念となるべきは、朝敵をことごとく滅して、四海を泰平なら    しめんと思ふばかりなり。(中略)これを思う故に玉骨はたとえ南山の苔に    埋ずむる共魂魄は常に北闕の天を望まんと思ふ。」
とあり、その御終焉の形を改めず、棺槨を厚くし、御座を正しうして、如意輪寺の 御堂のうしろの林の奥に、円丘を高くして葬り奉った。これが塔尾陵で延元陵とも 言い、また、北面の陵とも言う(歴代天皇の陵はすべて南向きに葬り奉るのを通規 とする。)

戻る

如意輪寺のご案内

Copyright (C) 2008 塔尾山 椿花院 如意輪寺. All Rights Reserved.