弁内侍と至情塚

至情塚


弁内侍の肖像図

後村上天皇に仕えた女官に、弁内侍と言う者があった(日野俊基の娘)。日ごろ から天皇の寵愛を受けていたが、ある時、高師直が自分の妾にしようとして内待を 誘ったが、途中運よく通り合わせた正行によって難を救われた。その因縁もあって、 天皇より正行へ給わらんとしたが、正行は戦に出ることをおもって
   とても世に永らふべくもあらぬ身の仮りのちぎりをいかで結ばん
と断った。そしてその翌年、四条畷に戦死したのである。内待は悲しみの余り、吉 野郡龍門村龍門寺に入って髪を切り、尼となって正行の菩提を弔った。
その時の歌に
   大君に仕へまつるも今日よりは心にそむる墨染の袖
とあり、その黒髪の一部を埋めたのが、この至情塚だと言われている。

戻る

如意輪寺のご案内

Copyright (C) 2008 塔尾山 椿花院 如意輪寺. All Rights Reserved.