塔尾山 椿花院 如意輪寺沿革

塔尾山 椿花院 如意輪寺の沿革

大和国吉野山如意輪寺は、塔尾山  椿花院(とおのおざんちんかいん)という。中千本の桜樹のあいだ、緑連なる山腹にある当山を、陽春四月桜花咲き乱れ香雲あいたいたる中に、あるいは、秋の紅葉錦を布くとき、あるいはまた、枯れ木をおおう白雪の中に望見すると、大小の伽藍甍を配して連なり、けだし、天下の絶景これに勝ぐるものはない。現在、如意輪堂(本堂)・多宝塔・御霊殿・幽香楼・報国堂・宝蔵・鐘楼・庫裡等の建造物がある。
そもそも当山は、延喜年間(西紀901ー923)文章博士三好善行の弟で醍醐天皇の御帰依を被った日蔵道賢上人の草創にかかり、後醍醐天皇吉野に行宮を定め給うや勅願所となった。
正平二年(1346年)楠木正行公一族郎党百四十三人と共に参詣の事があった。正中いらい寺運衰退したが、のち、慶安三年(1650年)文誉鉄牛上人きたり、本堂を再興し、浄土宗とし、念仏を弘通し、ひたすら、御陵の守護に任じた。(正平三年(1347年)高師直逆襲のさい吉野の皇居は焼失したが、当山は吉水院等と共に消失を免れた)

住所

〒639−3115
 奈良県吉野郡吉野町吉野山1024
       如意輪寺
   電話       0746−32−3008
   ファクス     0746−32−1828

如意輪寺ご朱印

ご朱印

如意輪寺のご案内

Copyright (C) 2008 塔尾山 椿花院 如意輪寺. All Rights Reserved.